トークイベント「南房総2拠点サロン、台風被災 特別編」~代表、中丸が登壇いたしました

10月9日、シェアオフィス「HAPON新宿」(東京・新宿)で、被災の現状や災害時の支援のあり方を語り合うトークイベント「南房総2拠点サロン、台風被災特別編」が開催され、「房総復興ブースター」の中丸が、登壇いたしました。災害大国といわれる日本において、自然災害にどのように向き合っていけばいいのか、参加者と一緒に考えました。

* * * * *

私、中丸は今回、ふるさと納税の仕組みを通じて、たくさんの人に支援していただいたことをメインにお話しました。

このイベントを開催した時点で、南房総エリアだけで、1億6000万円ほど集まっていました。ふるさと納税をしていただけると税控除があり、また、信頼のある行政の仕組みだからこそ、これだけのお金が集まったのだと思います。ただ、行政の仕組みも必要だけれども、行政には迅速に動きづらいという弱点もあります。迅速に動ける民間の仕組みと行政の連携が必要であることも報告しました。

また、「房総復興ブースター」からは広報を担当している清水も参加し、「房総復興ブースター」のチラシを配布し、参加者にむけてPRしました。「房総復興ブースター」の協賛企業、「明日の株式会社」に作成いただいたチラシです。

さらに、参加者の一人で音楽ライブに取り組む古山宏樹さんから、音楽イベントで集めた募金2万100円がこのトークイベントの主催者、永森昌志さんに委ねられました。この募金は10月16日、永森さんから、「房総復興ブースター」に支援金としていただきました。

このトークイベントは、房日新聞でも紹介されました。

http://www.bonichi.com/News/item.htm?iid=13117

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)